プロポリスイメージ

プロポリスのキャンディの効能

プロポリスのキャンディを知ったのは、私が喉と鼻の軽めの風邪をひき、長引いて困っているときに、友人が薦めてくれたのがきっかけです。
風邪によく効くからと、個包装のキャンディを5つほどくれましたが、風邪の効能はあまり信用できず、その後3日ほど、もらったのを忘れていたほどでした。
それまでプロポリスという名前は聞いたことはあったけれど、ローヤルゼリーとの違いも知らず、どちらも蜂がつくりだすもので、豊富な栄養素を含み、栄養素の成分が多少違う程度だろうと思っていたのです。
それならば風邪を治すためには、食事のバランスに気をつけて、栄養をしっかり摂ればいいのではないかなどと考えていました。
でも実際は日常の食生活を少しばかり気遣う程度では風邪はよくならず、半信半疑ながら、プロポリスキャンディを試してみることにしました。
ハーブ入りということで、シナモンや甘草が入っているためか、癖が強めのハーブキャンディという感じで、舐め始めは、成分濃厚ののど飴という印象でした。
ところが、しばらく舐めているうちに、初めての体験をすることになりました。
舌の上で溶けたキャンディが、風邪で痛い喉にチリチリとしみるのです。
でも、気持ちの持ちようなのでしょうが、不思議とつらい痛みではなく、喉を殺菌しているような傷んだ部分を補修しているような感じさえしてきました。
その日は、夕方以降にキャンディを2つ舐めたのですが、翌日の朝になると喉の痛みがほとんどなくなっていました。
驚いてプロポリスについて調べてみると、「天然の抗生物質」と言われるほどの殺菌・抗菌効果がプロポリスにはあることがわかり、風邪の喉に直接効いていたことを実感しました。
それまで私はもともと、薬の服用を避けたいばかりに、高熱の出ない軽めの風邪を放っておいて長引かせることや、悪化させることがしばしばありました。
けれども、このキャンディを知って以来、風邪のひき始めに取り入れることで、風邪の長期化や重症化がずいぶん減ったように感じます。
また、このキャンディは、私の職場でも一役かうことになりました。
最初の頃は、強い匂いのために他の人の迷惑になるのではと思い、私自身は家の外でキャンディを舐めることはありませんでした。
ところが、一度会社で風邪気味の同僚にキャンディをあげたところ、かなりよく効いたらしく、その後クチコミで職場にプロポリスキャンディのファンが増えることになりました。
それ以来、風邪が流行る季節には、職場の何人もがキャンディを舐めるため、職場が強烈なキャンディの匂いに包まれてしまいます。
でも風邪で苦しまずに存分に仕事に取り組めるということで、この季節には、職場のみんなのお守りのような存在になっています。

Copyright(C) 2013 天然の薬.com All Rights Reserved.